インド占星術



占星術というと、日本ではいわゆる西洋占星術が主流です。

インド占星術(ジョーティッシュ)はこの西洋占星術と同じルーツを持ち

西洋ではすでに失われてしまった、正確かつ繊細な予言技法が残っていることと、

西洋占星術にはない、星からの悪影響を避ける技術(グラハシャンティ)を持つことを、最大の特徴とします。


ガネーシャ・ガンガーではインドで一般的に行われている、グラハシャンティ以外に、アーカーシャ・ギリ(成瀬雅春師)

から直接伝授された技法も、希望者には伝授いたします。


鑑定を希望された方の幸せを心より願い、心をこめて鑑定いたします。



ころで、私、ガネーシャ・ギリのインド占星術の出生図の6室には土星と二重に傷ついた月があり、

9室には惑星集中、そして10室には太陽と水星があります。

これは、インドでは伝統的に出家修行者(サドゥ)のコンビネーションと言われています。

また、特にこの配置で二重に傷ついた月は聖者によく見られるコンビネーションとされています。

しかし、今のところ私は出家修行者ではありませんし、残念ながら聖者にはまだまだ程遠い人間です(苦笑)。

だだ、10室の水星は「聖なる科学を伝える仕事」をすると言われており、

その部分が今の私に当てはまっているのかもしれません。

「聖なる科学を伝える仕事」とはおそらくヨーガのことを指していますが、

同時にインド占星術のことも指しているのではと思っております。

このような星の配置に生まれてきた人間は、有名になったりお金持ちになったりする可能性は低いということですが(笑)、

「聖なる科学」をお伝えすること、あるいは「聖なる科学」を使って皆様のお役に立つことを天職と考え

頑固一徹(笑)に、この道を進んでいきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。




鑑定料金         約1時間 8000円

グラハシャンティ  (鑑定を受けられた方)3000円  (グラハシャンティのみの方)5000円  いずれも30分程度 


グラハシャンティ&繊細なテクニックへ

お問い合わせ





ガネーシャ・ガンガーミニ写真館    ヒマラヤ四大聖地




ヒマラヤのゴームク付近から眺めるシヴァリンガ峰(2008年)




ヒマラヤ四大聖地(ウッタラカンド)の寺院(1998年)

       

ヤムノートリー        ガンゴートリー

       

ケダールナート       バドリナート



トップページに戻る